メニュー
  1. ホーム>
  2. ごあいさつ

ごあいさつ

会長代表理事会長 安田 商基

公益社団法人愛知県不動産鑑定士協会のHPにアクセスいただきまして誠にありがとうございます。

不動産鑑定士は、「不動産の鑑定評価に関する法律」に基づき制定された国家資格で、不動産の周辺環境や、様々な条件を考慮して「鑑定」し、その不動産の「適正な価格」を導き出す不動産の経済価値に関する専門家です。また、不動産鑑定士は、不動産の鑑定評価を基礎として、土地の有効活用やその他様々なコンサルティング業務も行っています。当協会は、不動産鑑定士が組織する愛知県内唯一の公益社団法人で、不動産鑑定評価制度の普及啓発、不動産に関する無料相談及び不動産鑑定評価に関する調査・研究など様々な公益目的事業を行っています。

さて、最近のわが国の経済状況は、1カ月半あまり続いた新型コロナウイルスの緊急事態宣言が、5月25日、全国的に解除され、外出自粛により停滞していた様々な経済活動も徐々に再開してきています。今後の新型コロナウイルス感染症の第2波、第3波の恐れはありますが、徐々に活気を取り戻しつつあります。

この間、不動産市場にも大きな影響がみられました。新型コロナウイルス感染拡大が顕在化し始めた2月頃から海外投資家が取引を見合わせるようになり、3月に入り、都市部のホテルや商業施設の稼働率が低下し、テナントからの賃料減免要請が多くみられました。緊急事態宣言が発令された4月に入ると、外出自粛により、経済活動はもとより、不動産取引自体が凍結されることとなりました。それから2カ月、緊急事態宣言が解かれ、徐々に不動産取引は再開し、不動産に漂っていた悲壮感も幾分和らいだ感がありますが、不動産市場はまだまだコロナ禍脱出にはいたっていません。また、ウイズコロナ社会でのテレワークやオンライン会議等の新しい生活様式に伴い、高額な都心部オフィス需要が減少し、郊外の住宅に対する需要がみなおされるなど、不動産に対する価値観の変化もみられるようになってきています。

このような時代にあって、不動産の適正な価値を把握し、評価を行う不動産鑑定士の果たす社会的役割は非常に高いものといえます。私ども公益社団法人愛知県不動産鑑定士協会は、会員である不動産鑑定士の資質を向上させ、公平・公正な不動産鑑定評価制度を普及させることにより、不動産の適正な価格形成を推進し、県民の皆様の生活向上及び県土の健全な発展に貢献できるよう今後もより一層努力してまいります。今後ともよろしくお願いいたします。

最後になりますが、新型コロナウイルス感染により亡くなられた方々にはお悔み申し上げますとともに、感染されている方々、ご家族に心よりお見舞い申し上げます。また、医療従事者や感染症対策従事者の皆様には敬意を表するとともに深く感謝申し上げます。

令和2年6月
公益社団法人 愛知県不動産鑑定士協会
代表理事会長 安田 商基
HOME