メニュー
  1. ホーム>
  2. ごあいさつ

ごあいさつ

会長代表理事会長 樋沢 武司

公益社団法人愛知県不動産鑑定士協会のホームページをご覧いただきまことにありがとうございます。

当協会は、不動産鑑定士が組織する愛知県内唯一の公益社団法人であり、不動産鑑定評価制度の普及啓発、不動産に関する無料相談及び不動産鑑定評価に関する調査・研究など様々な公益目的事業を遂行しております。

名古屋駅東口では大型オフィスビルの開業が相次ぎ、人の流れが大きく変化しております。周辺では飲食店舗やシティホテル等が続々と新規出店、ささしまライブ地区には大学や商業施設が増加し、名古屋駅商業ゾーンは拡大の一途をたどっており、地価は上昇傾向をますます強めています。

名古屋駅から目を転ずれば、伏見周辺では大型タワーマンション2棟の完成を控え、都心部の住宅地化が進展する一方、栄では中日ビルディングの建替えが始まるなど、都心部一帯で大規模再開発事業が目白押しの状況です。

リニア中央新幹線が平成39年(2027年)に東京〜名古屋間で開業することを見据え、名古屋都心部には今後も国内外からマネーが切れ目なく流入することが予想され、地価の先高観はますます強くなっています。他方で人口減少・過疎化・高齢化による不動産需要減退から地方圏は地価の下落傾向に歯止めがかからない様相を呈しており、不動産の二極化が極めて顕著な時代となりつつあります。

このような時代にあって、不動産の適正な価値を把握し、評価する不動産鑑定士の果たす社会的役割は確実に重要になってきています。特に昨今では賃貸用オフィスビルや商業施設などの不動産は金融商品の一部とみなされており、その価格は国際的な金融市場の動向と密接な関連を有するに至っています。

私ども公益社団法人愛知県不動産鑑定士協会は、会員である不動産鑑定士の資質を向上させ、公平・公正な不動産鑑定評価制度を普及することにより、不動産の適正な価格形成を推進し、県民の皆様の生活向上及び県土の健全な発展に貢献するように今後とも努力してまいります。

平成29年7月
公益社団法人 愛知県不動産鑑定士協会
代表理事会長 樋沢 武司
HOME